ブログ

“読まれる記事”に共通する2つのポイント【ブログ歴1年の僕が考察】

ブログ初心者

こんにちは!ガマリィです!

2020年の8月にブログを始め、今月でブログ歴がちょうど1年となりました。
そこでふと疑問に思ったわけです。

「読まれる記事とそうじゃない記事の違いってなんだろう?」

思ってたより記事が読まれず、ほとんどの人が途中でリタイアするブログ界隈。そんな修羅の世界(笑)でなんとか1年継続することができた僕が、この疑問について考察してみました^^

ということでこの記事では

この記事で分かること

読まれる記事に共通するたった2つのポイント

について僕なりにまとめてみました。

今はPV(ページビュー数)が少なかったとしても、今回紹介するポイントを抑えればブログは育っていくはずです。

こんな方におすすめ

  • 何記事も書いてるのに読者が増えない
  • どんな記事が読まれやすいのか知りたい

こうお悩みの初心者ブロガーの方の参考になれば幸いです。
それではいきましょう^^

"読まれる記事"に共通する2つのポイント

結論から言うと、"読まれるブログ"、"読まれる記事"というのは
以下の2つのどちらかだと感じます。

  • シンプルに役立つ
  • 強く共感できる

こうやって文字に起こすと『そんなの当たり前だろ!』と思われそうですが(笑)、

ブログを1年継続して改めて、読まれる記事はこの2つのどっちかが抑えられているな〜と感じます。

 シンプルに役立つ

"シンプルに役立つ記事"かどうかは、

読者の悩みを解決できる記事になっているか

これに尽きます。

「どうやって記事を書けばいいのか」こう調べると、

・できるだけタイトルの左にキーワードを詰めて32文字以内に
・PREP法(結論→理由→具体例→結論)を活用
・文章の末尾は続けて同じものを使わない(です、ます等)

こんな感じで、テクニック論ばかり出てくる印象です。
もちろんこういうのも大切なんですけど、所詮は表面的な小手先のテクニックに過ぎません。(最初に抑えるべきことではないと思います)

それよりももっと本質的に

・このキーワードで検索してくる読者はどんな悩みを持っているのか
・何を書けば、その悩みを解決できるのか

このあたりをしっかり考えて、読者ファーストで「読者の悩みを解決する記事」を書きましょう。

 強く共感できる

これは先ほどの"シンプルに役立つ記事"とは全くの別モノです。

読んでいて「めっちゃ分かるぅ〜〜!」と感じる記事のことです。

具体的に言うと、、↓

ヒトデさん(@hitodeblog
 → 今日はヒトデ祭りだぞ!

あんちゃさん(@annin_book
 → まじまじぱーてぃー

上記のブロガーさんたちのブログ、まじで面白いですw
(ぜひ覗きに行ってみてください)

仕事の愚痴とかがそのまま書かれた記事とかもあるんですけど、こういう日常系?のもあります。>>相手に腹が立ったら「ウンコ我慢してるんだろうな」と思うと許せるようになるライフハック(「今日はヒトデ祭りだぞっ!」より)

先ほど紹介した"シンプルに役立つ記事"とは全く違うものですよね(これはこれで役立つ...?)
だけどどんどん読みたくなる。

そう感じる理由は、共感性の高さだと思うんです。

自分が好きなことを書くだけでは、なかなか読んでもらえません。
でもその内容が読み手に共感されるものであれば、どんどん読者は増えていくはずです。

まとめ

読まれる記事、ブログというのは

  • シンプルに役立つ
  • 強く共感できる

のどちらかを満たしています。

文章を書くのって難しいですよね。
僕も最初は1記事に何時間もかかってしまって挫折しそうになりました。笑

挫折しないためにも"読んでくれる人の存在"というのは大きいと思います。
少しでも読んでくれる人が増えるように、読まれる工夫をしていきましょう!

-ブログ

© 2022 GAMALOG